B.B.Mo-franck Birthday Party 2011

やーーーーーーーっとアップしました。遅くなってすみません。
モフランのバースディライヴパーテの模様です。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました!

お陰様でチケットはSOLD OUT!満員御礼の中、パーティは和やかに開催されました。
前夜の悪天候でどうなるかと思いましたが、朝になると爽やかに晴れ上がった空。
モフランの誕生を祝福してくれているようでした。神様、ありがとう!

ごあいさつ↓



チキンヤッサ、マフェ、チェブヤップ、アロコ(バナナのフライ)などなど・・・
お皿からなくなるとお店の方が次々と足してくれました。
書いている今も、食べたーい!





Jean Paul Sensey。
持っているベースは主催者(ベース狂)の私物。
Larry Graham、Marcus Miller、Eric Youngのサイン入りJB77-MMマーカスミラーモデル。



シェケレでビートを刻みながら歌うサックス奏者Tabu Ngongo



モフラン on piano。笑顔!
リラックス100%のバースディライブ。



見えにくいですが、ジェンベにコンゴ民主共和国の旗を下げてあります。
勢いでそれを担いでいるのはCharles Kaputu。



更に盛り上がってダンスするCharles Kaputu。



更に盛り上がって手作りのシェイカーをものすごい勢いで回しながら振って踊るCharles Kaputu。



モフラン on djembe。笑顔!



アフロチバの皆様。
モフラン仕込みの素晴らしいジェンベ演奏を披露してくれました。



「サブエ」というコンゴの女性の遊び。
アフリカの人が頭に物を載せて運んでいる写真をよく見ますが、頭に載せながらケンケンする、という遊びです。結構難しい。
でも、この方は見事クリア!



Tabuちゃんもチャレンジ!
踊りながらひょいひょいといけちゃうTabuちゃん。
やっぱりご当地の方ならではのバランス感覚なのでしょうか。



これは「ザンゴ」というコンゴの遊び。
せっせっせ〜のヨイヨイヨイ、で始めます。
日本とそっくり!びっくり!



「みかんの花」バージョンと同じあのせっせっせ。





そして大きく飛び上がって・・・



着地と同時に片足を出します。
親を決め、親が自分の軸足を右か左か宣言します。
親が軸足を出した時に相手が同じ側の足を出したら親の負け、違う側の足を出したら親の勝ち。
足でやる「あっちむいてホイ」みたいな感じです。楽しい!



笑いが絶えないなごやかムードの会場。



Tabuの一番弟子、wちゃん。Tabuちゃんと堂々のデュオ。



Tabuのサックスの見所はなんといってもこのアクション。



パーティも終わって笑顔のモフラン。
みんな、楽しんでくれてよかったですね!
ちなみに、後ろのコンガの絵はモフラン自身がペイントした作品。
アーチストモフラン。




来て下さった皆様、お手伝いして下さった皆様、ほんとうにありがとうございます!

Bokutani Congo Squareのこれからも楽しみですね。
そこで育った子供達が、将来日本にきて素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたらいいなぁ・・・♪

私たちわーるどのーとmusicはこれからも、こんな素晴らしい音楽家さんたちを応援していきたいと思います。
皆様、どうぞ宜しくお願い致します!



Category:- | hirayama | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

JFA FESTA

Comment


Trackback

Trackback URL

http://blog.jfafesta.com/trackback/36